楳図かずお「蝶の墓」(1990年7月20日初版・1991年2月28日第3刷発行)

・「蝶の墓」(1969年「ティーンルック」掲載)
「丘の上めぐみは幼い頃から蝶を極端に恐れていた。
 彼女の家庭は生活は豊かだったが、父子家庭だった。
 母親は、孤児で、散々苦労した後、めぐみの父親と結婚。
 しかし、めぐみを産んで、しばらくしてから、別荘の二階のバルコニーの手すりが折れ、転落死。彼女の胸にはめぐみがしっかり抱かれていた。皆、母親が這い這いしている赤ん坊を守ろうとして、誤って転落したものと考えた。
 そのため、めぐみは、心の片隅に、母親の死は自分に責任があるように感じていた。
 めぐみが別荘にある母親の墓参りに行った帰り、彼女は車を運転する父親の周りを飛び回る黒い蝶を見る。
 車はブレーキが故障しており、すんでのところで、崖に転落するところだった。
 それ以降、めぐみが黒い蝶を見ると、その蝶の周囲にいた人は必ず災難に見舞われる。
 周囲の人間から気味悪がられ、めぐみも黒い蝶を見ないよう人から距離を置くようになる。
 そんなある日、めぐみは彼女の父親に再婚話が持ち上がっていることを聞く。
 再婚相手の女性の写真を見ると、その写真から黒い蝶が浮かび上がり、黒い蝶は父親に止まる。
 めぐみは写真を引き裂き、再婚しないようヒステリックに叫び、それがもとで家族からもおかしいと思われるようになる。
 めぐみは父親の再婚には気が進まないが、突如、父親が原因不明の失明を患い、再婚相手の女性が家に来ることになるのだった。
 黒い蝶に秘められた秘密とは…?」

平成27年1月31日 ページ作成・執筆

朝日ソノラマ・リストに戻る

メインページに戻る