楳図かずお「偶然を呼ぶ手紙」(1990年7月20日初版・1991年2月28日第3刷発行)

・「偶然を呼ぶ手紙」(1968年「ティーンルック」掲載)
「踏んだり蹴ったりの一日。
 頭に来た洋子は、鬱憤を晴らすべく、学校の女教師に対する罵詈雑言に満ちた手紙を書く。
 そして、風筒にでたらめな住所、でたらめな女性の名前を書いて投函する。
 が、でたらめなはずの住所・名前のはずが、実在しており、その人物に手紙が届いてしまう。
 受取人は、醜い容貌ながらも、結婚を控えた女性で、手紙にひどく傷つき、飛び降り自殺を図る。
 洋子は自分の手紙が引き起こした事件を知り、良心の呵責に苦しむ。
 事態は手紙に書かれた内容に沿うように悪化していくが、罪の意識に苛まされ、高熱を出して寝込んだ洋子にある案がひらめく…」

・「雨女」(1967年「別冊少女フレンド」掲載)
「女優の母親を持つマミは、いつも独りぼっち。
 ある日の午後三時、マミが絵本を読んでいると、いつの間にか外は雨になっている。
 誰か来たよう気配があり、マミの部屋のドアが開くと、びしょ濡れの見知らぬ中年女が部屋に入ってくる。
 中年女はマミを自分の娘であると言い、連れて行こうとする。
 マミが悲鳴を上げ、婆やが駆けつけても、そこには誰もいず、外は快晴、雨が降った気配などない。
 同じことが翌日も繰り返されるが、婆やも母親も子供の夢と信じてくれない。
 そして、三日目の雨の降る、午後三時…」

平成27年1月31日 ページ作成・執筆

朝日ソノラマ・リストに戻る

メインページに戻る