山岸凉子「ハーピー」(1981年6月30日初版・1982年2月20日5版発行)

 収録作品

・「ハーピー」(1978年「プチコミック」12月号掲載
「佐和春美は、編入生の川堀苑子から奇妙な臭いを感じる。
 以来、妙に彼女のことが気になり、勉強も手につかなくなる。
 誰も気が付いていないが、注意して観察すればする程、彼女は怪しい。
 ことあるごとに彼に色目を使い、誘惑しているよう。
 彼は彼女の素性を確かめようと帰りの後をつけるが、忽然と姿を消し、奇妙な鳴き声と羽ばたき音だけが残される。
 ある日の授業で、彼は神話上の動物である「ハーピー」について知る。
 彼は川堀苑子の正体は「ハーピー」ではないかと疑い始めるのだが…」

・「雨の訪問者」
「糸井久仁子は市役所に勤める女性。
 年は40歳ぐらいだが、結婚する気は全くなく、一人気ままな生活を楽しんでいた。
 ある雨の日、彼女が帰宅すると、部屋の中に一人の少女がいた。
 少女は「ベル」と名乗り、自分の家のようにくつろいでいる。
 迷子かと思い、どこから来たのと聞いても、ずっと一緒に住んでいたと答え、全く遠慮というものがない。
 散々、ベルの我がままに振り回された後、久仁子は近所に迷子がないかどうか聞きに行くが、いつの間にかベルの姿は消えていた。
 翌日、仕事から帰ると、また部屋にベルがいる。
 子供の相手は厄介だが、それでも、世話せずにはいられない。
 神出鬼没の少女、ベルの正体は…?」

・「ウンディーネ」
「陸田は動物雑誌の出版社の非常勤のカメラマン。
 彼は動物にしか興味のない、寡黙な青年であった。
 彼は、北海道のある沼で、一日中テントにこもってマガモの写真を撮ることになる。
 沼のそぼには廃屋らしき小屋があり、彼はそこを暗室にする。
 ある霧の深い夜、居眠りから覚めた彼が、沼を覗くと、そこにウンディーネが見える。
 だが、それは溺れかけている少女であった。
 彼は少女を助け、小屋のストーブで服を乾かす。
 彼女はこの付近の家の娘であったが、霧で道に迷い、沼にはまったのであった。
 以来、彼女は毎夜、彼の小屋を訪ねてくる。
 彼は次第に彼女に惹かれて行くのだが…」

・「ストロベリー・ナイト・ナイト」(1981年「マンガ少年」3月号掲載)
「気が付くと、彼女は病院にいた。
 医師も看護婦もおらず、これ幸いと外に出ると、いくら解放病棟とは言え、混乱の巷。
 彼女が、様々な人の露骨な姿を見ていくうちに、到達した真実とは…?」

 「雨の訪問者」は、トルーマン・カポーティ「ミリアム」から着想を得たのでしょうか?
 山岸版の方はハート・ウォーミングな仕上がりとなっております。

2022年1月18日 ページ作成・執筆

朝日ソノラマ・リストに戻る

メインページに戻る