御茶漬海苔「惨劇館D」(1989年11月20日初版発行)

 収録作品

・「第二十一回 始発電車」
「朝、秋子はいつも通り、早起きして、南山駅で恋人と待ち合わせる。
 始発電車は、秋子達二人と、老婆に中年のおばさん。
 そして、発車間際に駆け込んできた、薬中の殺人犯…」

・「第二十二回 虫がいる」
「麻美と父親は、古びた洋館を買い、移り住む。
 ほどなくして、麻美の肌には卵を産みつけたようなイボイボが幾つもでき、遂には身体中を覆う。
 医者がイボから虫の幼虫を採取するが、その虫は新種の虫だった。
 外国語で書かれた日記に、虫の秘密を解く鍵があるようだが…」

・「第二十三回 夢子(花園編)」
「奥矢夢子は、助手の竹中と共に、探偵事務所を経営する。
 夢子は、予知夢で犯罪を事前に知ることができた。
 ある夜、彼女は、花園という家で、女性が男に惨殺される夢を見る。
 事件が起きるのは、3月14日で、あと四日。
 彼女は花園家を突き止めるが、それは高級住宅街にある邸であった。
 主人は花園グループの代表で、彼と面会するが、妻を殺した男は彼であった。
 しかも、夢の中では死んだはずの娘も生きている。
 悲劇を防ぐため、夢子は娘を、竹中は旦那を見張る。
 だが、共犯者がいたようで、二人は殴られて気絶し、その間に、娘は殺されてしまう。
 とりあえず、奥さんだけも助けようとした時、竹内は花園を撮った写真に不審な男が写っていることに気付く。
 その男の正体とは…?」

・「第二十四回 整形美容」
「高校三年の敦子は、良い娘さんであったが、容貌にコンプレックスを抱いていた。
 彼女は、遊び人の高田という男にベタ惚れし、美しくなりたいと切に願う。
 意を決して、彼女は、金持ちの老婆を殺害し、平田整形美容を訪れる。
 そこで、彼女は美女へと生まれ変わり、高田に接近、彼と同棲を始めるのだが…」

・「第二十五回 首切り人形」
「密室で、男性が首を切断されて殺害される。
 凶器は、20センチ程度の刃物を持った人形らしい。
 刑事は、被害者の娘に、被害者について尋ねる。
 被害者の男性は、考古学者で、トムトム族の魔術について長年、研究していた。
 昨夜、一年ぶりに帰って来るが、すぐに部屋に閉じこもってしまったという。
 人形を娘に見せると、この人形は、被害者が探し求めてきた「トムトム族の首切り人形」で、彼女は人形が凶器だと断言する。
 刑事は、訝りながらも、鑑識の科学者にこの話をして、人形を科学的に調査すると…」
(以上、「月刊ハロウィン」1988年7月〜1989年6月号)

・「惨劇館スペシャル 夢子」(「月刊ハロウィン」1989年3月別冊・悪夢の惨劇館)
「夢子の見た予知夢。
 それは、群馬の人形村で、娘が頭を鉈で割られて、首を切られるという内容であった。
 夢子と竹中は早速、人形村へ向かう。
 到着した時には、夢で見た娘の首が棒に高く掲げられており、大騒ぎになっていた。
 被害者は、鬼頭夏という娘で、鬼頭家には三人の娘(春、夏、冬)がいた。
 夢子は次に、春が殺される夢を見るのだが…。
 人形村にある人形城の秘密とは…?」

2021年7月13日 ページ作成・執筆

朝日ソノラマ・リストに戻る

メインページに戻る