御茶漬海苔「惨劇館」(2009年9月1日発行)

 収録作品

・「バスルーム」(「ハロウィン」1986〜1987年頃)
「祟りの言い伝えのある池。
 絵美の姉は、迷信だと笑って、池で泳ぐ。
 だが、その夜、姉妹が風呂に入っている時に、姉の身体にブツブツができ、それは瞬く間に全身に広がる。
 更に、掻き毟った皮膚の破片が絵美に付くと、ブツブツは妹にも感染してしまい…」

・「蟲男爵 ダニ編」
「だらしない姉のせいで、部屋中、ゴミだらけ。
 姉妹は身体中、ダニに刺されまくる。
 しかも、それはビゼンダニ。人の身体に卵を産み付けるという。
 ヒステリックになった妹は部屋のダニを殲滅すべく奮闘。
 が、部屋をきれいにした夜、姉の前に蟲男爵が現われ、これ以上、ダニを殺さないよう警告する…」

・「蟲男爵 赤とんぼの警告」
「宅地開発が進む、郊外に住む少女。
 彼女が赤とんぼを捕まえると、祖母は昔はもっと赤とんぼがいたと話す。
 しかし、人間によって、水が汚され、とんぼが住めなくなったのだった。
 その頃、東京で赤とんぼの大群により、人々が襲われるという事件が起きる…」

・「肉玉」
「父親と娘の父子家庭。
 父親の留守に、娘は父の部屋にあった日記を偶然目にする。
 その日記には、母親に関する恐ろしい事実が書かれていた…」

・「御茶漬海苔 インタビュー」〜映画「惨劇館」についてのお話です。

・「テレフォン」(「月刊ハロウィン」1986年7月号)
「旦那とマンション暮らしの早苗のもとに、電話がかかってくる。
 それは、早苗に何年も前からしつこく付きまとっている木田からだった。
 木田は早苗と話したいと訴え続ける。
 早苗が電話をかけないよう言っても、電話はかかってくる。
 何度も、何度も…」

・「エレベーター」(「月刊ハロウィン」1986年10月号)
「あるマンションに引っ越してきた、両親と娘の三人家族。
 引っ越した日の晩、彼らは管理人の老婆に食事に招かれる。
 隠し味に何を使っているのかはわからないが、食事は非常に美味しい。
 その隠し味の秘密とは…?」

・「虫がいる」
「洋館を買い、そこに移り住んだ父娘。
 しかし、そこに住んでほどなくして、娘の肌には卵を産みつけたようなイボイボが幾つもでき、遂には身体中を覆う。
 医者がイボから虫の幼虫を採取するが、その虫は新種の虫だった。
 どうもその洋館に前に住んでいた、外国人の一家に秘密を解く鍵があるようだが…」

・「ブラインド」
「足を火傷してから、歩くことができない麻美は、夜、窓から殺人事件を目撃する。
 姉の友人が顔を包丁で滅多刺しにされたのだが、その犯人は姉の夫、浩司であった。
 程なくして、別の姉の友人が殺され、次は自分の番ではと心配する姉に、麻美は真実を伝えるが…」

・「パスポート」
「陽一と京子は新婚旅行に出発する。
 決して陽一が望んだ結婚ではなかった。陽一の一家が背負った莫大な借金を肩代わりしてもらうための結婚だった。
 そのため、陽一と幸代の仲は引き裂かれてしまう。
 新婚旅行に出かける直前に、幸代は陽一から京子の髪の毛をもらう。
 幸代は髪の毛を人形に入れて、怨みつらみをぶつけるが…」

 
2015年2月8日 ページ作成・執筆
2018年7月6日 加筆訂正

コンビニ本・リストに戻る

メインページに戻る