「読者投稿心霊体験I 女優霊」(2007年10月15日初版発行)

 収録作品

・高港基資「女優霊」(原作・高橋洋/映画原案・監督 中田秀夫)
 ジャパニーズ・ホラーの名作のコミカライズです。
 基本、映画通りですが、昔の映画のもとになった事件の関係者に会いに行くシーンやラスト等、追加やアレンジされているところもあります。
 主人公が柳ユーレイさんに似ておらず、そこはちょっぴり残念ですが、ケタケタ笑う女優霊は高港先生の絵と相性抜群です。

・魚乃目三太「島之内ファミリー 地獄の池」
「大阪の島之内。
 清太と節子の兄妹が、夏休み中の小学校に忍び込む。
 清太の目的は、自由研究の宿題で、立ち入り禁止の裏庭の池で魚釣りを目論むのだが…」

・高港基資「古い映像」(描き下ろし読切り)
「ある男の記憶にずっと引っかかっている古い映像。
 25年前、彼が少年だった頃、母と一緒にテレビでモノクロの邦画を観ていた。
 子供にとっては退屈な内容だったが、彼はあるシーンが気になって、最後まで見続ける。
 そのシーンとは、何度か現れる農機具小屋であった。
 その小屋の扉が少しだけ開いていて、手がその扉を開けようとしている。
 だが、結局、扉は最後まで開くことなく、手の主は誰だかわからないままであった。
 ある時、彼はその映画のDVDを見つけ、そのシーンを確認するのだが…」

・御茶漬海苔「ゴルフ日和」(「TVO」より)
「田宮春樹の父親は、アマチュアだが、ゴルフの腕はプロ級。
 そんな父親を彼は慕うが、父親はゴルフ場に行くたびにやつれていく。
 ある日曜日、春樹は、父親の接待ゴルフにこっそり付いて行く。
 だが、ゴルフ場では、恐ろしい量の農薬がまかれており…」

・御茶漬海苔「毎日が毎日」(「TVO」より)
「私立光ヶ丘小学校。
 六年1組の山本優一は、完璧な優等生。
 完璧主義の彼はスケジュール通りに動き、かつ、周囲の期待を裏切ることはない。
 だが、彼は、ストレスが頂点に達すると、アルコールを飲まずにはいられなくなっていた…」

2020年9月27日 ページ作成・執筆

コンビニ本・リストに戻る

メインページに戻る