日野日出志「幻色の孤島」(1976年9月15日発行/HC・40)
日野日出志「ぼくらの先生」(1985年10月6日/青100)

 収録作品

・「ぼくらの先生」
「ぼくらのクラスの先生は学校中の人気者。
 子供が大好きで、気の優しい彼は、大きな体と額にあるホクロから大仏先生の愛称で呼ばれる。
 また、無類の動物好きで、家で様々な動物がケージに飼ってある。
 子供達から慕われる大仏先生であったが、彼の恐ろしい秘密とは…?」

・「おーいナマズくん」
「病弱で、気の小さい少年、鯰(ナマズ)太郎。
 彼の実家のある村は、代々ナマズを神社にて祀っていた。
 町の学校へ転校した彼は、名前を理由に、いじめられる。
 夏休み、彼は、神社の裏手にある、なまず沼の畔で、神様に、皆を見返したい、もういじめられたくない、と願う。
 すると、沼の主である、大ナマズが現れ、彼の身体に乗り移る。
 大ナマズの助力を得て、太郎は身体を鍛え、自信をつけていく…」

・「かわいい少女」
「古い民家や村の写真を撮るために、旅をしている青年。
 道に迷った彼は、夕暮れ時に、ある村に辿り着く。
 道を聞くために、彼がある家を訪ねると、少女が一人留守番をしていた。
 両親が葬式から戻るまで、彼は囲炉裏のそばで待たせてもらうが、その間、少女は彼に村に伝わる伝説を語る。
 そして、何故、この村に猫がやけに多いのか、青年は知ることとなる…」

・「幻色の孤島」
「男は、気が付くと、奇妙な孤島にいた。
 あまりに奇怪な動植物や風景に彩られた孤島を男はさ迷い歩く。
 そのうちに、巨大な門を見つけ、男はその内側に入ろうとするが、門の内側の人々は彼に対して攻撃的であった。
 彼は、門近くに陣取り、ひそかに門の周辺を観察する。
 だが、入り口は全く見つからず、彼は向こう側の世界への憧れと懐かしさを募らせていく。
 門の向こう側にはどんな世界があるのだろうか…?」

・「つめたい汗」
「夏、暑さに苛立つ浪人。
 一休みするために、茶屋に立ち寄るものの、彼の神経を逆撫ですることばかり。
 遂に、我慢の限界に達した浪人は、彼を小バカにした雑夫を斬り捨てるのだが…」

・「猟人」
「冬山で吹雪に遭った男。
 彼は、山小屋に住む老人に助けられる。
 男と老人は狩猟の趣味を同じくし、意気投合、酒を酌み交わす。
 男がひと眠りして、酔いが覚めた頃、老人が秘蔵のコレクションを男に見せてくれると言うのだが…」

・「人魚」
「殿の命を受け、人魚を探す旅に出た侍、陣内。
 彼は様々な艱難辛苦を乗り越え、蝦夷にある湖で、七年に一度現れるという人魚を目にする。
 遂に、彼は、人魚を詰めた樽を城に持ち帰るのだが…」

 デビュー作「つめたい汗」から、強烈なトラウマ・ホラー「幻色の孤島」、民話風の「かわいい少女」(サキ「開いた窓」が下敷き)、幻想的な「人魚」等、バラエティー豊かな傑作短編集です。
 見所は何と言っても、名作「幻色の孤島」。
 隅々までトラウマな幻色に染め上げられた「悪夢のパノラマ」というべき作品で、この次元にまで達した作品はこの世にほとんど存在しないのではないでしょうか?(個人の感想です)
 あと、江戸時代を舞台とした、幻想的な「人魚」は、不思議な余韻を残します。(侍の妄想と切り捨てることも可能ですが…。)

 「幻色の孤島」はヒバリ・ヒット・コミックスよりも先に虫・コミックス版がありますが、そちらでは「猟人」の代わりに、「ばか雪」と「水の中の楽園」が収録されております。

・備考
 HC版は非常にボロい。カバーがボロボロで、欠損やテープ補修が幾か所あり。本体もシミが多く、ヨレヨレ。

2018年1月1日 ページ作成・執筆
2018年1月29日 加筆訂正

ヒバリ・ヒット・コミックス・リストに戻る

メインページに戻る