高階良子「死者の狩人」(1987年11月6日第1刷発行)

「芦田恵理がひそかに想い焦がれていた、武上弘明が部活の事故で死んだ。
 彼の通夜に出かけると、葬儀に長い黒髪の男が列席していたが、彼の姿は恵理以外には見えていない。
 その男を死神だと察した恵理は、弘明を連れ戻すために、冥界に赴く決意を固める。
 亡くなった祖母によると、月夜、千夜月にさらして織り上げた布をまとって、四辻に行くと、冥界に降りれると言う。
 そうして訪れた「よもつひらさか」にて、彼女は死神〈デス〉と、まだ現世に留まっている弘明の霊に出会う。
 デスは、彼女に彼の命を救いたければ、代わりの命を提供するよう恵理に大鎌を手渡す。
 恵理は、弘明の死を嘆き悲しんでいた彼の母親の命を刈り、弘明は息を引き返す。
 だが、「デスの刃」を手にした恵理の身体は冥界に囚われ、「百の血の洗礼」を受けねばならなくなる。
 それはすなわち、デスの代わりに、百の命を刈ることであった。
 肉体を失った恵理は、様々な生き様を目にして、刈る命を選ばねばならない。
 恵理が人の命を如何様にも左右できることに苦悩すると、デスは人間の心を捨てるよう忠告する。
 何故なら、彼女はもう人間には戻れず、デスの後継者となる身であったからであった。
 悲嘆する恵理にデスはある賭けを提案する。
 それは、彼女の愛する武上弘明が、彼女を救い出せるかどうか試すものであった…」
(1987年9月「なかよし増刊号」掲載)

 名作です。
 また、個人的に、大好きな作品です。
 ラストは高階良子式ハッピー・エンドですが、一抹のほろ苦さがあり、味わい深いです。
 この作品には、あしべゆうほ先生の「悪魔の花嫁」の影響があるように言われてますが、そこまで確認取れてません。あしからず。

2017年10月29日 ページ作成・執筆

講談社・リストに戻る

メインページに戻る