嶋峰麻利子「幽霊分譲住宅」(1992年9月12日発行)

「宇川真貴子の一家は、分譲住宅を購入する。閑静な邸宅地にあり、家のすぐ隣には緑がいっぱいの公園があった。
 引っ越した初日、真貴子は階段に赤いリボンを首に巻いた黒猫を見る。
 二階に逃げた猫を追うが、猫は窓から逃げてしまう。
 大して気にもせず、一階に降りると、廊下は血まみれだった。
 血は風呂場から流れ出ており、真貴子が覗くと、流し場は血が溢れ、浴槽から人間の手が這い出ると、のたうち回る。
 悲鳴を上げた真貴子のもとに家族が駆けつけるが、そこには血などなく、浴槽から湯が溢れているだけだった。
 真貴子は見間違いだと思い直すが、新しい学校に行くようになると、ある事実を知るようになる。
 真貴子の住んでいたあたりに、以前、屋敷があり、そこに16歳の少女が住んでいたという。
 が、その屋敷が火事で焼け落ちてしまい、その焼け跡から少女のバラバラ死体が発見されたのだった。いまだ未解決のままだという。
 真貴子は、その殺人事件の重要参考人だった不動産屋の田端という男が怪しいと思うようになる。
 新聞部の青年と、真貴子は少女のバラバラ殺人について調べ始めるが、彼女達を導くように、あの黒猫が現れる。そして、おぼろげな少女の姿も…。
 真貴子達はゆっくりと真相に近づいていくが…。」

平成27年2月13日 ページ作成・執筆

講談社・リストに戻る

メインページに戻る