古賀新一「吸血くも男」(1972年9月30日発行)

 収録作品

・「蜘蛛男」
「源造は、田舎の小さな火葬場で働く、男やもめ。
 小さな男の子と一緒に、おじ夫婦のもとに身を寄せ、まじめに働いていた。
 妻を亡くし、寂しい身の上の彼に友人ができる。
 それは、寸詰まりの背丈に、醜い容貌のくも男で、いつも夜中の二時頃に彼を訪ねてくるのであった。
 ある夜、おじ夫婦が大金を持っていることを源造が知ると、くも男がおじ夫婦を殺すように唆す。
 くも男に言われるがまま、源造は悪事に加担し、おじは発狂、毒を飲まされたおばは生きながら火葬されてしまう。
 大金を手に入れ、源造は一軒家を手に入れるが、おばの怨霊につきまとわれ、不審火で家は全焼。
 呪いにおびえる源造にくも男は、呪いを他の者に向けるように提案する。
 しかし、くも男が身代わりに選んだのが、源造の息子であった…」
 貸本からの再録のようですが、その貸本を持っていませんので、確かなことはわかりません。
 古賀新一版「ルーシーがいるから」(ロバート・ブロック)なのでありましょうか?
 味わい深いマンガであります。
 ラストのコマの余韻も心に染み入ります。

・「吸血鬼」
「ある農家の一家心中を目撃してから、いささか精神が不安定な男性。
 彼が気分転換に散歩していると、野原で穴に落ちてしまう。
 穴の底には、首吊りをしていた農家の娘がいた。
 娘に案内され、トンネルを抜けると、そこに扉があり、中には部屋がある。
 男性は部屋で待たされるが、気が付くと、農家の娘によって部屋に監禁されていた。
 翌日、部屋にひげを生やした男が放り込まれる。
 ひげの男は男性を非常に恐れ、農家の娘はひげの男は男性のエサだと言う。
 そして、農家の娘は理由を説明するのだが…」
 分裂的な内容です。
「怪談」「オール怪談」で描かれていたマンガのテイストですが、絵が若干描き込まれている様子です。
 貸本や雑誌に発表されたものなのか、描き下ろしなのか、わかりません。

 単行本のタイトルは「吸血くも男」となっておりますが、そういうタイトルのマンガはありません。
「蜘蛛男」+「吸血鬼」=「吸血くも男」なのです。
 古賀新一先生には「吸血蜘蛛」というタイトルの作品もあるので、何かややこしいですね。

・備考
 カバー痛み、前後の袖の折れ部分に裂けあり。小口に名前が書いてあったらしく、研磨して消してある模様。

2016年4月26日 ページ作成・執筆

ヒバリ黒枠・リストに戻る

メインページに戻る