菅島茂「のろいの地下室」(小学四年生8月号付録/1968年8月1日発行)

「リエ子は、友人達とかくれんぼの最中、両親に祟りがあると注意されていた犬塚に近付く。
 中を覗くと、地下に降りる階段があり、階下でリエ子は、男の顔をした人面犬と出会う。
 実は、その人面犬は、彼女の双子の兄、タケシであった。
 リエ子とタケシは産まれた時、一つの身体に二つの頭を持つ奇形児であった。
 このままでは育たないため、二つの頭のうち、タケシの頭を取り除く手術が行われる。
 両親の願いにより、タケシの頭は犬の身体に移植され、以来、ひそかに地下室で育てられてきたのであった。
 しかし、正常な身体を持つリエ子に、タケシは嫉妬と憎悪を燃やし、地下室から脱走。
 我が身を呪う彼はリエ子を虎視眈々とつけ狙う…」

 とても小学生向け雑誌に描かれたとは思えない、フリークス趣味炸裂の作品です。
 双頭の赤ちゃんの片方の首を犬に移植するなんて内容、普通の漫画雑誌ではまずお目にかかれないのでは?
 ただし、人面犬な少年の凶行が描かれるのかと思いきや、人面犬な少年の悲哀に重点が置かれており、ちょっぴりセンチな読後感です。
 また、約60ページぐらいの小品ですので、内容が盛り上がる前に、クライマックスを迎えてしまうことも残念…。(もっと練り込んでほしかった…。)
 ちなみに、今やすっかり都市伝説として定着した「人面犬」を扱った、最初のマンガ(の一つ)なのではないか?と個人的に考えております。
 キクタヒロシ氏の「昭和の怖い漫画」(彩図社)にて、トップ・バッターで紹介されておりますので、詳細をお知りになりたい方は参考にされてください。

 この付録本には、故・関谷ひさし先生の代表作の一つ「ストップ!にいちゃん」の「かかしプレーの巻」が併録されております。
 私は当時の漫画の知識は乏しいので、内容紹介は割愛させていただきます。

・備考
 pp12・13(ストップ!にいちゃん)、下のコマ外にご飯粒が貼りついて、剥げ。

2018年8月14日 ページ作成・執筆

雑誌/付録・リストに戻る

メインページに戻る