西たけろう「星からきた少女」(りぼん10月号付録/1967年10月1日発行)

「秋、流星のあった夜の翌日。
 画家の卵の一条宏と、シナリオライターである彼の姉、一条アキ子は、公園で美しい少女に出会う。
 何も言わぬ少女は二人の部屋まで付いて来てしまい、宏とアキ子は少女のあまりに突飛な行動に目を丸くするばかり。
 その時、二人の部屋を訪れた医師の左は、この不思議な少女に興味を持ち、自身が教育することに決める。
 数十日後、言葉を覚え、宏とアキ子にもすっかり馴染んだ少女に、アキ子は「白丘奈津江」という名前を提案する。
 子供のように言葉を覚えたばかりの奈津江は、「人間」とは何か?という疑問を持つ。
 皆と話し合う中で、「人間」にとって「美・愛情・真実」が大切であると、奈津江は知る。
 しかし、ある晩、四人でレストランで食事をしていた時、女優の黛ミチと出会って、奈津江の運命は一変。
 黛ミチがアメリカ映画に出演する半年の間、奈津美を代役に最適と考えたのだ。
 奈津美は監督に気に入られ、瞬く間にトップスターへの階段に駆け上がる。
 が、そこで奈津美は、本当の「人間」の姿を見せつけられることとなるのだった。
 そして、黛ミチが帰国した時、彼女のいた場所は完全に奈津美に奪われていた。
 黛ミチは、奈津美を陥れるために、ある罠を仕掛ける…」

 恐らくは、マーガレットに連載されたものを、りぼんカラーシリーズ(付録)としてまとめたと推測しております。
 東京トップ社から「聖少女の裂けた顔」という凄いタイトルに改題されて単行本化されておりますが、そちらの方がカラーページがあって、いいかもしれません。
 それにしても、表紙の「宇宙人」(?)ちっくな女の子の格好が気になります。
 多重露出を用いて、サイファイな雰囲気を演出しておりますが、針金がつんつんとび出した、銀色の頭のかぶり物ばかりに目が行ってしまいます。(何なの、アレ?)

・備考
 ボロボロ。

2018年4月29日 ページ作成・執筆

雑誌/付録・リストに戻る

メインページに戻る