深見青山・原作&監修/小島剛夕・画「天の巻 橘カオル物語」(1992年5月25日第1刷発行)



「橘カオルは幼い頃に、幾度も不思議な体験をする。
 空襲の際、不思議な老人に助けられたり、家の庭でUFOと遭遇したり、夢の中で観音さまに会ったりする。
 戦後、彼女は何不自由ない学生生活を送った後、結婚・出産と幸せな日々を送っていた。
 だが、赤ん坊が交通事故で亡くなり、彼女は幸せの絶頂から絶望のどん底に突き落とされる。
 天に救いを求めると、彼女に光が指し示され、導かれるまま、会津磐梯山へと向かう。
 普段着で(!)雪山に登り、偶然辿り着いた祠で、彼女は、幼い頃、UFOから現れた禿頭のオヤジと青年(最初会った時は少年)に再会する。
 帰宅後、旧暦の節分より、七夜続けて、北極老人、天母、観世音菩薩、白隠禅師、臨済禅師、うずめ観音、皇大神が次々と現れ、神人合一の神法を彼女に説く…」

 あの小島剛夕先生が手がけた宗教漫画です。
 様々なジャンルの作品を描いてはおられますが、宗教漫画はレアなケースではないのでしょうか?(やはり「Money talks」?)
 先にお断りしておくと、私、橘カオルに関しては全く知りません。
 深見青山の教えやコスモメイトについても、知識も興味も皆無であります。
 ですので、マンガを読んでも、何のことやらさっぱり意味不明です。
 ただ、小島剛夕先生は今回もいい仕事してますね〜以上!なのです。
 と言いましても、小島剛夕先生の絵以外に、見所がないわけではありません。
 ラスト、巨大な竜と、橘カオルの守護霊(?)の青年とのダイナミックなバトルがあります。
 竜をジャイアント・スウィングでぶん投げる剛腕ぶりですが、この青年が、結局、橘カオルとどういう関係にあるのか、最後まで明かされることはありません。
 あいつ、一体、誰なんだよ〜?!

2018年11月1日 ページ作成・執筆

宗教関連・リストに戻る

メインページに戻る