高階良子「くらやみに悪魔が!」(1976年10月25日第2刷発行)

 収録作品

・「くらやみに悪魔が!」(「なかよし」連載?)
「原田麻希は絵に描いたような優等生。
 近所の評判は良く、学級委員長を務め、両親と校長から期待を一身に集める。
 ある冬の日、彼女は冬眠から覚めたばかりの蛇を子供達から助ける。
 蛇をスカーフにくるんで、安全なところに置いた時、過って池に転落、肺炎にかかり生死の境をさまよう。
 その際に、普段抑圧されていた心の一部が蛇に入り込み、超能力を持つようになる。
 蛇は美青年に姿を変え、夜な夜な、麻希のもとを訪れ、彼女の秘められた願望を叶えようと誘う。
 彼女が眠りに落ちる時、彼女は自らの欲望を果たしていくが、同時に、幾多の惨劇をも引き起こす…」

・「ミキの泣いた朝」
「松原ミキは子供の頃から、父親が姉ばかり可愛がるのに寂しい思いを抱いていた。
 継母の母親は彼女に関心を大して払わず、こまめに世話をしてくれるのは婆やだけ。
 父親がミキへの愛情を見せたのは、幼少の彼女が肺炎になりかけた時、夜の間、付き添ってくれた時だけであった。
 ミキは心の隙間をガリ勉で埋めようとするが…」

 「くらやみに悪魔が!」は、蛇をテーマとしながらも、超能力や抑圧された願望等が扱われた、作者曰く「SF風怪奇のあっさりごのみ」(p166)な佳作です。
 ただ、「あっさりごのみ」なのはラストだけで、バラバラ死体や、男を誘惑する描写は「あっさり」してるとは言い難いです。
 でも、同時期のわたなべまさこ先生のマンガと較べたら、遥かに「あっさり」していたかもね…。
 「ミキの泣いた朝」は、まあ、他愛のない短編のように思いました。

2018年4月19日 ページ作成・執筆

その他の出版社・リストに戻る

メインページに戻る