つじいもとこ「迷宮入」(1987年12月9日初版・1991年3月15日5刷発行)

・「迷宮入」(「ホラーハウス 87年8・9月号」掲載)
「夏休みの合宿の肝試しの時に、時空の狭間に迷い込んだ三組の男女。
 闇の中には、ネズミのような生物が無数にいて、真っ先に少女が餌食となる。
 脱出口を探す、残りの五人だが、出口と思えたものも、第二次世界大戦のヨーロッパや宇宙空間、または別の異世界だったりで、もとの世界に戻れない。
 一人、また一人と死んでいき、残り二人になった時に、彼らは気づく。
 時空の狭間からエサを取り入れ、そこから排泄物を吐き出す、何ものかの腹の中に自分達がいるということを…」

・「撃たれる男」(「ホラーハウス 86年12月号」掲載)
「平凡で、小心者の少年。
 彼は悪魔に取引を持ちかけられる。
 ベーゴマ一個、飛行機の模型、家族のアルバム…そういうささやかなもので、悪魔は一つ一つ、彼の願いを叶えてくれる。
 多くのささやかなものを失い、多くの「幸運」を得た彼は、友人の妹を手に入れる為、友人を死に追いやる。
 その代償として、彼が悪魔に提供したものは、彼の「良心」だった…」

・「迎えの声」(「ルージュ 86年9月号増刊号」掲載)
「遊園地の海賊島へ入る、夫婦とその娘、そのペットの犬、結婚を目前にしたカップル。
 彼らがボートで回っていると、海賊島のテントに雷が落ちる。
 停電で動かなくなったボートの前に、巨大な目を持つ光が現われる。
 その目を持つ光は、悪魔の大王を迎えに来たと言う。
 そして、起こる殺し合い…」

・「そして めぐる冬」(「プチフラワー 81年冬の号」掲載)
「中学生の永田瑞樹は幼い頃、小猫を家族に内緒で飼おうとするものの、事故で猫を踏み殺したという過去があった。
 ある時、妹が子猫を飼おうと言い出す。瑞樹は嫌だが、家族の誰も反対をしない。
 踏み殺した猫のことを絶えず考え、神経質になった瑞樹は周囲と軋轢を起こすようになる…」

・「キョーフ体験っ!!」(「ホラーハウス 87年7月号増刊」掲載)
 つじい先生の体験した恐怖体験に関するエッセー風マンガ。

・「キョーフ体験っ!!爆笑編」(「ホラーハウス 87年9月号増刊」掲載)
 同じく、つじい先生の体験した恐怖体験に関するエッセー風マンガ。かなり笑いました。

 ウルトラ・ヘビーな作品から、甘めの作品、味のあるエッセーと、なかなかに粒揃いの作品集。
「迷宮入」のヘビーさは、柿崎普美先生の「歪んだ町」に匹敵すると、個人的に思います。

・備考
 ゾッキ本(小口下部に赤いマジックで線引き)。

平成27年1月22日 ページ作成・執筆

大陸書房・リストに戻る

メインページに戻る