藤見康高・原作/廣瀬周・漫画
「大巨蟲列島@」(2020年1月1日初版発行)
「大巨蟲列島A」(2020年3月25日初版発行)
「大巨蟲列島B」(2020年8月1日初版発行)
「大巨蟲列島C」(2021年2月25日初版発行)
「大巨蟲列島D」(2021年6月25日初版発行)


単行本@(「マンガクロス」2019年4月〜8月掲載)
・「第1話 会敵」
 巨蟲に支配された島から脱出し、辰野神島へ到着した7人。
 七人については以下の通り。
 私立鳳翔高等学園2年1組 織部睦美〜虫に関して、怒涛の知識を持つ少女。
    同上   2年1組 成瀬千歳〜委員長でリーダー。
    同上   2年1組 三浦真美〜元・いじめられっ子のアイドルの少女。
    同上   2年3組 桃崎香住〜お嬢さま。
    同上   2年4組 甲斐和彦〜おちゃらけてるけど、実は真面目なナイス・ガイ。いろいろな特技あり。
    同上   2年4組 青山望〜茉莉華先生の死を睦美のせいと考え、睦美に敵意を持つ少女。
 3等海上保安正 識森涼子
 辰野神島にも巨蟲がいて、安全でないため、夜間、救命艇で脱出することを決める。
 だが、港に着いた時、謎の男女に桃崎香住が人質に取られてしまう。
 彼らの目当ては救命艇のようだが…。
・「第2話 ツノ」
 桃崎香住を捜そうにも、不慣れな町では勝手がわからない。
 とりあえず、一行は、海水浴場のシャワー室で汗を流すことにする。
 しかし、青山望だけはシャワーを浴びず、引きこもったままであった。
 彼女は、茉莉華先生を失ってできた穴を、睦美に埋めてもらおうと、彼女に迫る。
 その時、壁を突き破って、巨大なカブトムシが現れる。
 望は逃げ出し、睦美達は彼女を捜しに、夜の町に出るのだが…。
・「第3話 漆黒の巨体」
 巨大なカブトムシに包囲された望。
 彼女を助けるために、睦美が手に取ったのは、一本の釣り竿。
 これをどう使って、カブトムシに立ち向かうのであろうか…?
・「第4話 吸血の森」
 一行は、無雲(なぐも)兵衛という島の男性によって危機を脱し、拉致された桃崎香住も戻ってくる。
 兵衛は睦美達に病気の妹を助けてくれるよう土下座して頼むが、彼のことはどうも信用できない。
 それでも、識森涼子は彼を助けると決め、結局、全員で行動することとなる。
 兵衛の妹は、町から山道を1キロメートル行った先の社にいた。
 ただ、山道には巨大な蚊の群れが待ち受けており…。

単行本A(「マンガクロス」2019年9月〜12月掲載)
・「第5話 クライモリ」
 辰野神社に辿り着くも、よそ者を敵視する島民達に銃を突き付けられ、一触触発の状態となる。
 その状態を救ったのは、婆々(びいびい)と呼ばれる老婆であった。
 老婆に一喝され、島民達は大人しくなる。
 島民達については以下の通り。
 (名字不明)京介〜「コマンド―」のシュワルツェネッガーみたいなマッチョマン
 (名字不明)法華〜おかっぱの武闘派娘
 三島ミツオ(18歳)〜高校生
 仲宗根(なかそね)鏡(19歳)〜漁師見習い
 宮杜刻(みやもり・とき/22歳)〜巫女見習い
 岩を穿った祠の奥に案内されると、無雲の妹、葵(16歳)が全身から出血して臥せていた。
 識森涼子は症状から壊血病らしいと判断し、睦月は蚊の唾液によるものと推理する。
 成分輸血が必要なため、睦月・青山望・京介・法華・ミツオ・鏡の六人は診療所へ行き、血液パックを確保する。
 その後、仲直りのしるしにと、盃を交わすのだが…。
・「第6話 ヤマビル」
 京介達は巨大なヤマビルに襲われ、そのスピードと変幻自在の動きに大苦戦。
 睦美達が駆けつけるも、ミツオがヤマビルに右半身を噛まれてしまう。
 全員で引っ張っても、吸盤は強力で、剥がせそうにない。
 睦美はある方法を思い付くが、茂みから二体、ヤマビルが現れる…。
・「第7話 騒がしい前兆」
 社に戻った一行は、葵に輸血し、彼女は一命を取り留める。
 日の登る前に、彼らは港に向かうが、肝心の救命艇は巨大なフジツボによって沈没していた。
 仕方なく、彼らは京介達の隠れ家に退避する。
 そこで、甲斐和彦は、アナログ電話がまだ使えることに気付く。
 ただ、電話線はつながっているはずなのに、何らかのトラブルがあるようで応答がない。
 クマゼミの鳴き声が激しいことから、ヤンマの襲撃はないと判断し、睦美・和彦・無雲兵衛の三人は基地局に向けて出発する。
 基地局にはトラブルはなく、山の頂上にあるアンテナを調べに行くのだが…。
・「第8話 共鳴」
 巨大セミの鳴き声から、命からがら逃げだした三人。
 彼らを追って、成瀬千歳・望・鏡がやって来る。
 千歳は、睦美が肌身離さず持っているバッグを忘れているので、届けに来たのであった。
 セミの鳴き声が電波障害を起こしていたとわかり、彼らはセミを一網打尽にする作戦を立てる…。

単行本B(「マンガクロス」2020年2月〜6月掲載)
・「第9話 網」
 午前一時三十分。
 睦美達は、消防団のグラウンドでハロゲンライトを点灯し、セミをおびき寄せる。
 その間、千歳と甲斐は山の上にあるアンテナに向かう。
 睦美の計画は順調に進むが、最後の最後に、巨大なクマゼミが現れる。
 その想像を絶する音波に皆は圧倒されるが…。
・「第10話 草原のハンター」
 甲斐の応急処置により、電話線が復旧する。
 とは言え、夜なので、大島には連絡がつかず、一行は一旦、社に戻ることにする。
 だが、そこでは、識森涼子が銃撃で傷つき、三浦真美と桃崎香住が(何故か裸で)緊縛されていた。
 ここで一体何が起こったのか?
・「第11話 狩場」
 京介、法華、刻は、無雲葵を連れ、仲間達と合流する。(仲間については以下の通り)
 水島〜チンピラ風
 木田〜プロレスラー風
 沢田〜パンクス風だが、実は医学部卒
 アキ&ミキ〜双子の姉妹
 彼らは港に向かうが、カマキリの群れに包囲される。
 そこに、睦美達が駆けつけて来る…。
・「第12話 紋」
 前にはカマキリの成虫、後ろには子カマキリの群れ…。
 睦美はカマキリの成虫と対峙するが、ハンターとして抜群の能力を備えたカマキリには正面からは戦いを挑めない。
 そこで、彼女が目を付けたのは…?

単行本C(「マンガクロス」2020年1月・6月〜11月掲載)
・「第13話 陥落」  睦美達は、島民が避難している小学校を訪れる。
 京介が話があると宮杜刻に言われ、睦美と千歳は理科室へ行く。
 だが、それは、睦美を自分達の仲間にしようとする京介達の陰謀であった。
 睦美は拘束され、人質になった千歳は京介からエロエロなことをされる。
 一方、真美、香住、鏡、役所勤めの新垣千里はカマキリの襲撃に備え、準備をするのだが…。
・「第14話 暴食」
 学校内にカマキリが入り込み、島民が次々と餌食となる。
 生き残った人々は幼生カマキリと抗戦するが、包囲され、このままでは勝ち目はない。
 そこで、睦美が考えた策とは…?
 しかし、今度は、成体のカマキリが学校内に侵入してくる…。
・「第15話 キャッチ&ラン」
 通路いっぱい埋め尽くす巨大な成体カマキリ。
 睦美はレーザーポインターでカマキリを誘導しようとする。
 だが、成体カマキリは予想以上の能力で、睦美の思い通りにはならない。
 窮地に陥った睦美に、水島、木田、沢田、アキ&ミキが命がけのサポートをする…。
・「第16話 キリングボトル」
 睦美は成体カマキリを体育館へと誘い込む。
 成体カマキリを倒す、睦美の作戦とは…?
 しかし、カマキリによる被害は甚大であった。
 京介の指示により、睦美達は辰野漁港に向かうこととなる…。
・「番外編 女王の挑戦」
 氷室玲子は全国闘蟲大会で優勝した、期待の新人。
 その彼女に、主催者がその会社のヒラクワガタで勝負してほしいと頼む。
 ヒラクワガタはかなり良質な血統で、しかも、操るのはビートル・クイーンと言われた神津アマミ。
 一週間後に戦いに向け、玲子は、睦美の師匠である稲穂先生にレクチャーを受ける。
 勝敗の行方は…?

単行本D(「マンガクロス」2020年11月・6月〜2021年3月掲載)
・「第17話 水中の狩人」
 辰野漁港のドック内では、下総香という青年が脱出用の漁船の修理をしていた。
 修理は済み、すぐにでも出航できるが、ただ一つ、バッテリーがない。
 そこで、睦美、真美、香住、鏡、アキの五人は水産試験場に行き、バッテリーを回収する役目を担う。
 水産試験場は会社の「シンメイ製薬」のもので、前の島にあったメディカルセンターも同じ会社であった。
 ここではエビやカニといった甲殻類が海水でも淡水でも住めるよう研究していたらしい。
 試験場には淡水と海水と分かれたプールがあった。
 海水プールにはイルカがいたが、一方の淡水プールには…。
・「第18話 飛来」
 睦美達の前に現れた、巨大な水生昆虫のタガメ。
 タガメは暑さに弱く、陸上では水中に較べると動きが鈍く、チャンスは台風が来る前しかない。
 鏡が資材置き場にバッテリーを取りに行く間、アキと真美はタガメを引き寄せる囮となる。
 一方、睦美は、甲斐が以前、入手したSDカードをチェックする。
 SDカードには、将来の食糧危機に備えて、エビやカニを短期間に大きく成長させる研究のデータが入っていた…。
・「第19話 誘因」
 鏡はどうにかバッテリーを回収し、建物へと逃げ込む。
 しかし、タガメから逃れて、海水プールに入った真美とアキに低体温症の危険が迫る。
 雨が降り、日も暮れかけている中、他にもタガメが数匹、試験場に飛来する。
 睦美の対タガメ作戦とは…?
・「第20話 発覚」
 台風に襲われた辰野神島。
 睦美達はとりあえず試験場で休息を取る。
 一方の漁港では一悶着があったものの、無雲葵のとりなしによって事なきを得る。
 翌朝、台風は過ぎ、睦美達はバッテリーを持って、漁港に向かうのだが…。

2021年11月24日・12月12・27日/2022年11月3日 ページ作成・執筆

秋田書店・リストに戻る

メインページに戻る