山岸凉子「天人唐草」
(1980年7月25日初版・1985年1月22日第19刷発行)

 収録作品

・「天人唐草」(1979年「週刊少女コミック」2号掲載)
「岡村響子の父親は、旧家出身で、戦後も封建的な考えであった。
 響子は、父親の時代遅れな女性像に縛り付けられ、委縮していく一方で、権威ある父親像を心の拠り所とする。
 成人し、仕事に就くようになっても、彼女は自分自身を確立できず、他人の反応に振り回されてばかり。
 母親が亡くなり、見合いもうまくいかず、彼女にとって「拠り所」であった父親が亡くなった時…」

・「キルケ―(魔女)」(1979年「プチコミック」2月号掲載)
「山にハイキングに来て、最終バスを逃してしまった、五人の少年少女(男三人・女二人)。
 仕方なく、彼らはバス道を下るが、同じ所をぐるぐると回っていることに気付く。
 日は暮れ、疲れ果てた時、森の中に明かりが見える。
 そこは大きな洋館で、着物姿の女性が一人で住んでいた。
 館には犬や猫、馬等、様々な動物が飼われており、女性によると、夫は動物学者らしい。
 彼らは一晩、館に泊まることになるが、翌朝、奈津美は自分以外の連れが姿を消していることに気付く。
 彼女の前には、子猫や犬、オウム、蛙が現れるのだが…」

・「夏の寓話」(1976年「月刊セブンティーン」8月号掲載)
「大学生の澄生は、旅行中の祖父の留守番をするため、夏真っ盛りのH市(広島市)を訪れる。
 ある日の昼、彼がジュースを買いに出た時、公園の木陰で一人、たたずむ少女を目にする。
 少女は、他の子供達が遊ぶのを、寂しげに見つめてはいるが、決して交わることはない。
 何度か見かけるうちに、気になり、彼は少女に声をかける。
 少女は極端に口数が少なく、名前も住所もはっきりとわからないまま、交流を重ねる。
 彼が町を去る前日の夜、彼は、少女と花火をするのだが…」

・「悪夢」(1980年「月刊マンガ少年」5月号掲載)
「メイは、奇妙な夢に悩まされる。
 夢の中で、彼女は十歳ぐらいの少女で、法廷に立たされていた。
 更に、夢の中で、彼女は成長していき、様々な施設を転々とする。
 夢が日常を侵食していった果てに、明らかになる真実とは…?」

 2021年度の第一弾は、山岸凉子先生の名作中の名作「天人唐草」。
 人によっては、年明け早々コレかよ〜…って感じでしょうが、かまへん、オレが許す!!(by 梶原一騎)
 というワケで、今年もよろしくお願いいたします。

 「天人唐草」は、ホラーでないのに、ホラー扱いされている稀有な作品。(注1)
 「イヤなリアリティー」満載のストーリーだけでも耐えがたいのに、脳天逆落としなラストがあまりに衝撃的。
 高校の時、読んで衝撃を受けて以来、決して手に触れようとしなかったのですが、この文章を書くために、二十数年ぶりに読み返しました。(山岸作品、そんなのばっかり。)
 作者の人間を見る眼の鋭さ…と言うより、シビアさが肌にチリチリときます。
 「キルケ―(魔女)」は、山岸版「蛇女」で、この単行本の中で最もホラー。
 倒錯的な雰囲気が濃いところが実に山岸・印。
 これはよくよく考えると、メチャクチャ怖い作品だなあ〜。
 「夏の寓話」は、ナジム・ヒクメット「死んだ女の子」(注2)にインスパイアされて、描かれた作品のようです。
 「悪夢」は、1968年に11歳という年齢で少年を二人殺したメアリ―・ベル(注3)を主人公に据えた作品。
 現実と夢の境目が曖昧となって、双方を行き来する作品は多々ありますが、それにヒロインの精神的退行をうまく絡ませたところがミソで、実に分裂的な内容になっております。
 ただ、現実には、一生、刑務所で過ごしたわけでなく、1980年に釈放され、結婚までしておりました。事実は小説より奇なり!!

 「天人唐草」は、いつか書こう、書こうと思いつつ、年始の時間を利用して、ようやく書けました。
 荷物を一つ降ろした感じですが、山岸凉子作品、まだまだ先は長いです…。(明日も頑張ろう。)

・注1
 他に思いつくものは、辰巳ヨシヒロ先生「人喰魚」の単行本。
 過去の、怪奇マンガ関連の掲示板で、この作品に言及している人がいて、驚かされました。

・注2
 「原爆詩一八一人集」(コールサック社/2007年8月6日発行)にも、この詩が載っておりますが、若干の差異があります。(「夏の寓話」の訳詞では少女は六歳ですが、「原爆詩〜」の方では七歳、等)
 この詩は、チャイルド・バラッドの「グレイト・シルキー」をあてはめ、ピート・シーガーにより歌われてきたそうです。
 The Bryds の傑作サード・アルバム「霧の五次元(Fifth Dimension)」(1966年)にも採り上げられております。

・注3
 メアリー・ベル事件についてお知りになりたい方は、「マジソンズ博覧会」→「殺人博物館」→「子供による殺人」内の記事がお勧めです。

2021年1月1日 ページ作成・執筆

朝日ソノラマ・リストに戻る

メインページに戻る