古賀新一「白衣のドラキュラ」(白枠/1970年1月15日発行)
古賀新一「白衣のドラキュラ」(黒枠/発行年月日不明)



 収録作品

・「白衣のドラキュラ」(1960年代後半に「週刊マーガレット」連載)
「綾子は肺病で入院中の少女。
 ある夜、同室の由紀子が病院を脱け出した際に、何者かに襲われ、ミイラのようになって、死んでしまう。
 綾子が由紀子の死体に花を供えに死体安置室に降りると、婦長が由紀子の死体を運び出すところを目撃する。
 それどころか、婦長と男の医者は、由紀子の死体を箱に詰め、底なし沼に沈めようとしていた。
 だが、吸血鬼と化した由紀子は綾子を箱の中に引きずり込み、入れ替わる。
 間一髪のところで逃げ出した綾子は、美人女医のユミ先生の屋敷に向かう。
 ユミ先生にかくまわれ、安心したのも束の間、綾子は謎の女吸血鬼と由紀子に襲われる。
 だが、身に付けていた十字架のネックレスで吸血鬼を撃退。
 綾子がユミ先生を探していると、庭にある小屋から異様な音を耳にする。
 その小屋には、巨大な花があり、ツタを伸ばして、綾子に襲いかかってくるのだった。
 綾子の身に次々と降りかかる、奇怪な出来事!!
 この病院とユミ先生にまつわる、恐ろしい秘密とは…?」

・「妖蛾」
「幸江は、地震の被害にあった青森のおばを見舞って、帰って来る。
 以降、幸江の身辺では、気味の悪い模様の蛾やその幼虫を多く目にするようになる。
 幸江は蛾を退治しようとするが、夜、大きな目玉の毛むくじゃらな怪物達に無理矢理踊らされて、寝込んでしまう。
 怪物達の正体とは…?」

 単行本の袖にて、どこか不敵な古賀新一先生の写真の下、「毎度こわがらせてスイマセン。」と余裕たっぷりに述べているように、古賀新一先生がノリにノッていた頃の作品です。
 「白衣のドラキュラ」は、吸血鬼だけでなく、死体を丸のみする人喰い花まで暴れていて、なかなか面白かったです。
 「妖蛾」も、古賀新一流モンスターがどこかトボけた味わいで、ユニークです。

 合本ヒバリ・ヒット・コミックスにて「白衣のドラキュラ」は再録されております。
 「妖蛾」はこの単行本と合本でしか読めないようです。

・備考
 白枠単行本は貸本使用。糸綴じあり。前の遊び紙の上部に大きな裂けあり。破れやシミあり。カバーを留めたセロテープの変色した痕あり。黒枠単行本はカバーの背表紙上部に破れあり。

2016年12月18日 ページ作成・執筆
2017年6月20日 加筆訂正

ヒバリ黒枠・リストに戻る

メインページに戻る